おえかき

懸賞 2006年 12月 23日 懸賞


白紙をみてもなにもおもわなくなった

小さいころ、真っ白なキャンパスは私のために用意されたものだとおもってた

ピンクのワンピースに 赤いリボン

金髪の長い髪

そんな女の子を描くのが大好きだった



中学生のころ、

私はすでに絵を描くこと、それが

プライドにしかなっていなかったのかもしれない。

てか、おそらくそう。

高校になって全く絵をかかなくなった。

何かにプライドがうつったんだ


美大にいきたかった

なんとしてでも、いきたかった

でも無理だ。

それは私のミスであり、親のミスであり

運命のミスだった


全く違う職業に就こうとおもう

でも、絵はかきつづけていきたいとおもう

私の心の逃げ場として

安らぎとして

快感として

思索 創作 苦悩を描く

私はその道を選ぶ
[PR]

by dolda | 2006-12-23 10:04 | 日々

<< メリクリプレ   タピ・プリーズ >>